フォントサイズ:

アルゼンチン エンバルセ原発で寿命延長工事

2011年9月1日

アルゼンチンの計画投資サービス省は8月24日、エンバルセ原子力発電所(=写真)(64.8万kW、CANDU6型炉)の運転寿命延長を含む大がかりな改修工事で、同国のニュークリオ・エレクトリカ・アルゼンチナ(NASA)社とカナダ原子力公社(AECL)が7件・4億4400万ドル相当の契約を結んだと発表した。


エンバルセ発電所は1984年の運開後27年が経過。寿命延長計画全体に要する経費は総額13億6600万ドルに達する見通しだ。今回の契約には技術支援およびエンジニアリング・サービス条項が含まれており、圧力管や蒸気発生器、およびその他の機器の取替、技術的なアップグレードにより、出力を3.5万kW(約5%)向上させるとともに、30年間の運転寿命延長を計るとしている。作業は2013年11月から開始し、21か月ほどで終える予定。

アルゼンチン エンバルセ原発で寿命延長工事