フォントサイズ:

米ロが共同声明 民生利用で協力拡大へ

2011年9月29日

ウィーンで国際原子力機関(IAEA)の総会が開催されていた20日、二国間協議を実施していた米ロ両国は、その締めくくりとして原子力協力に関する戦略的な方向性に関する共同声明に調印し、民生用原子力発電の安全かつ確実な拡大を支援していくという両国の方針を改めて表明した。

同声明に調印したのは米エネルギー省(DOE)のS.チュー長官と、ロシアの総合原子力企業であるロスアトム社のS.キリエンコ総裁。原子力の平和利用と核不拡散という共通課題を追求しつつ、両国が関係を深めていくための重要な節目になるとしており、今年1月に発効したばかりの米ロ原子力平和利用協力協定の下、民生用原子力や科学技術研究および原子力セキュリティといった広範な分野で両国が協力機会を拡大する新たな時代が到来したと強調した。

ロシアと協議中の米DOEチュー長官(=中央)

米ロが共同声明 民生利用で協力拡大へ