フォントサイズ:

ストレステスト 中間報告を提出 EU加盟の原子力発電14か国

2011年9月29日

福島事故を受けて6月から欧州連合(EU)加盟各国の全原子力発電所143基で行われていた安全性再評価(ストレス・テスト)の中間報告書が出そろった。

欧州原子力規制者グループ(ENSREG)の定めた実施要目に従い、事業者が実施している同テストの進展状況を各国規制当局がまとめて欧州委員会(EC)に提出したもの。10月末までに最終結果がまとまり次第、規制当局がそれらをレビュー、年末までに欧州理事会に提出することになっている。

中間報告書の締め切りは今月15日で、EU域内で原子炉を保有する14か国―ベルギー、ブルガリア、チェコ、フィンランド、フランス、ドイツ、ハンガリー、オランダ、ルーマニア、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、英国―の規制当局が公表した。