フォントサイズ:

地層処分研究文書をパブコメ スイス

2012年6月29日

スイス連邦エネルギー局(SFOE)は13日、同国の放射性廃棄物管理協同組合(NAGRA)が2008年10月に提案していた地層処分場・特別計画、処分場候補サイトの概要、安全委など関連機関による意見書および勧告など8つの廃棄物管理関係文書を3か月間のパブリックコメントに付した。9月28日まで国民の意見を広く聴取し、処分場計画を次の段階に進める方針だ。

スイスでは2005年の改正原子力法に従い、英仏に委託再処理した使用済み燃料のガラス固化体、再処理しなかった使用済み燃料もすべて高レベル廃棄物として扱い、国内の深地層に監視付きで長期間処分する予定。返還済みのガラス固化体の多くは現在、北部ビュレンリンゲンの中間貯蔵施設で貯蔵している。

<後略>