フォントサイズ:

建設サイトを正式決定 フィンランドの原子炉新設計画

2011年10月13日

フィンランドで新規原子力発電所の建設を計画しているフェンノボイマ社は5日、同国中西部のボスニア湾に面したピュハヨキを最終的に建設サイトとして選定した。


2007年に40か所以上の候補地を対象に選定活動を開始して以来、安全面と技術面における実行可能性や環境課題、建設に要するコストと期間など、4年に及んだ評価作業の結果、最大180万kWの原子力発電設備建設には同地が最適との結論に至ったもの。福島事故後にサイトが決定した世界で初の原子力新設計画となる。


同社は今年7月に仏アレバ社と東芝に入札案内状を送付しており、2012年から13年の間にアレバ社の170万kW級EPRか、125万kWの先進的なBWRであるKERENA、あるいは東芝のABWRの中から採用設計を決定する。総工費は40億〜60億ユーロ。詳細な建設スケジュールはその後に策定する予定で、早ければ来年末にも現地で最初の準備作業が始められるとしている。

建設サイトを正式決定 フィンランドの原子炉新設計画