フォントサイズ:

バルチック原発計画に建設許可 ロシア

2011年12月1日

ロスアトム社傘下で国内の原子力発電を担当するエネルゴアトム社は11月21日、カリーニングラード州で進めているバルチック原子力発電所建設計画の1号機に関する建設許可を、連邦環境・技術・原子力監督庁(ROSTEKHANADZOR)から受領した。


カリーニングラード州はバルト海に面したロシアの飛び地で、周囲をリトアニアとポーランドに囲まれるという特殊な環境。120万kW級ロシア型PWR(VVWR)の標準設計である「AES2006」を2基、建設する予定で、昨年2月20日にサイト許可が下りたのに続き、同月25日から準備作業を開始していた。


建設費については当初から外国からの投資を含める方針で、仏露共同宣言の一環として仏国企業が関心を示しているという。

バルチック原発計画に建設許可 ロシア