フォントサイズ:

「共通の安全基準必要」 EUのストレステスト中間報告

2011年12月1日

欧州委員会(EC)は11月24日、福島事故から想定される事象への安全裕度再評価のため、欧州連合(EU)域内の商業炉143基で実施したストレステストの中間報告書を公表した。


稼働中原子炉を有する14か国の規制当局が、9月中旬までにECに提出した進捗状況を取りまとめたもの。原子力安全の共通基準を定める新たなEU立法の制定など、域内安全規制の枠組で一層強化する余地がある政策分野を特定している。


今後は、各国が年末までに提出する結果報告を来年1月から4月までピアレビューする。6月末を目処に最終報告書を欧州理事会に提出する計画だが、原子炉の立地から操業まで、EUレベルで共通の基本原則と安全要件、最小限の技術的基準を構想していく方針だ。