フォントサイズ:

入札、建設許可申請へ TVOのOL4建設計画

2011年12月15日

フィンランドでオルキルオト原子力発電所4号機(OL4)の建設計画を進めているテオリスーデン・ボイマ社(TVO)社は7日、同計画を入札・エンジニアリング段階に進めることが同社の臨時総会で決定したと発表した。

同段階で必要となる3億ユーロの資金について、フォータム社を始めとするオーナー企業全社から最終的な投資合意が得られたもの。今後、保有株式比率に応じて資金が調達されるのを受け、TVOは最新の安全要件をすべて満たせる原子炉設計を選定するほか、政府に対しては建設許可を申請することになる。TVOはOL4として出力145万〜175万kWの原子力設備を建設するため、2005年8月に「原則決定(DIP)」を政府に申請。昨年6月に政府の承認したDIPを議会が7月に認めたことから、同計画の推進許可が正式なものとなったが、DIPの有効期間は5年であるため、TVOとしては遅くとも2015年6月までに建設許可を政府に申請しなければならない。

オルキルオト原子力発電所

入札、建設許可申請へ TVOのOL4建設計画