フォントサイズ:

寧徳1号機で起動前試験 中国

2011年12月15日

中国広東核電集団有限公司(CGNPC)が福建省で建設中だった寧徳原子力発電所1号機(PWR、108.7万kW)で11月28日から冷却機能試験が始まった。

8月に運開した嶺澳第2期−2号機と同様、仏国の原子炉設計をベースに改良したCPR1000設計。起動前に余熱除去ポンプなど安全系の3ポンプで水圧テストを実施し、来年にも起動段階に入る計画だとしている。

それに先立ち、同発電所では世界原子力発電事業者協会(WANO)による起動前ピア・レビューの実施が決定。CGNPC傘下で同発電所を担当している寧徳核電有限公司は5日、米、仏、英、スペイン、アルゼンチンなどの専門家からなるWANO代表団と開始会議を開催した(=写真)。

寧徳1号機で起動前試験 中国