フォントサイズ:

チェコ計画で地元企業と提携 WH社

2011年12月15日

東芝傘下のウェスチングハウス(WH)社は1日、チェコのテメリン原子力発電所3、4号機建設計画を受注した際に備え、チェコの機器メーカーのビトコビツェ社と協力する了解覚書(MOU)を締結した。落札企業決定までには2年近く残されているが、それまでにWH社・機器サプライ・チェーンの整備を万全に進めておく考えだ。

ビトコビツェ社はチェコの大手機器エンジニアリング・グループの一員。WH社の海外での原子炉建設ポリシーである「建設国で機器調達」に従い、チェコ電力(CEZ)による競争入札でAP1000が選定された場合、格納容器の鉄骨配筋作業やシールド建屋、および構造機器モジュールその他の主要機器製造をビトコビツェ社に発注することになる。

また、AP1000チームへの参加企業をチェコの機器エンジニアリング企業協会の中からも、両社が共同で特定するとしている。