フォントサイズ:

WH社製AP1000に設計認証 米国NRC 約30年ぶりに新規建設へ歩み 雇用、低炭素化に期待 ボーグル3、4号機で採用

2012年1月13日

米原子力規制委員会(NRC)は12月22日、修正を加えたウェスチングハウス(WH)社製AP1000設計に対し、新たな設計認証(DC)を発給した。これにより、ボーグル3、4号機建設計画を始め、米国で約30年ぶりとなる原子炉新設計画に米国初の建設・運転一括認可(COL)を発給する準備が整った。米エネルギー省(DOE)のS.チュー長官も、「オバマ政権とDOEは米国の原子力産業の再生を通じて数千名分の雇用を創出するとともに、低炭素で国産のエネルギーによる電力供給を約束する」と声明。同DCが米国における新世代の原子力発電所建設に向けて重要な前進となったことを明言した。

WH社がAP1000設計で最初のDC申請を提出したのは2002年のこと。構造を単純化させた固有の安全性を有する次世代設計として06年にDCが発給された。DCは15年間有効だが、NRCが飛行機の衝突事故に対する要求など新たな規制要求を出したことから、WH社は遮へい建屋の強度増強を含め、修正を施した設計について07年に改めてDCを申請していた。

今回NRCは、同設計が「放射性物質を多量に放出することなく航空機衝突による損壊に耐え得る」と評価。革新的な安全・セキュリティ機能などにより、十分な安全裕度を有していると保証しており、設計関係者らは、福島事故のような事象にも対応可能と認められたと受け止めている。

ボーグル原子力発電所サイト。左奥が運転中の1、2号機。手前が4号機の建設現場。

WH社製AP1000に設計認証 米国NRC 約30年ぶりに新規建設へ歩み 雇用、低炭素化に期待 ボーグル3、4号機で採用