フォントサイズ:

FNCA大臣級会合 福島事故教訓に「安全強化で協力」 FNCAコーディネイター 町末男

2012年1月20日

細野大臣「世界の原子力利用の拡大には安全強化が共通の重要課題」

野田首相が福島原子力発電所事故について冷温停止が達成され、ステップ2が達成された事を発表した12月16日にアジア原子力協力フォーラム(FNCA)の大臣会合が東京で開かれた。会議は12か国から大臣級をはじめ海外から38人、我が国からは細野大臣、中塚副大臣、近藤原子力委員長、各原子力委員をはじめ多くの関係者が参加して熱心な討論が進められた。

細野豪志内閣府特命担当大臣(原子力行政)は開会の挨拶で、東北地方太平洋沖地震と津波の被害に対する各国の支援に対し感謝の意を表した上で、現在、原子炉の安定的な冷却を実現し、今日(12月16日)午後には冷温停止を報告出来るところまで来たこと、今後は除染や廃炉などオフサイトの対策に全力で取り組むことを述べられた。

さらに、原子力利用の拡大がアジア及び世界で計画されている中で、共通の重要課題である安全強化に取り組むためには、経験の共有や共同作業が効果的である事から、協力の枠組みであるFNCAの役割は一層重要になりつつあることを強調された。

FNCA大臣級会合 福島事故教訓に「安全強化で協力」 FNCAコーディネイター 町末男