フォントサイズ:

東芝、アレバが入札書提出 フィンランドの新設計画

2012年2月9日

フィンランドで原子力発電所の建設を計画しているフェンノボイマ社は1月31日、供給業者候補として選定済みの仏アレバ社と東芝の双方から商業入札書を受領したと発表した。原子炉系統とタービン発電機器両設備のエンジニアリングと調達および建設についてカバーする内容で、今年から2013年にかけて、どちらを選択するか判断を下すとしている。

電力コンソーシアムのフェンノボイマ社は昨年10月に建設サイトをフィンランド中西部、ボスニア湾に面したピュハヨキに正式決定。立地点が位置する半島名に因んで「ハンヒキビ原子力発電所1号機(HA1)」と命名した同炉の出力は最大180万kWを予定しており、現段階ではアレバ社製・170万kWの欧州加圧水型炉(EPR)と東芝製・160万kWのABWRが候補炉型となっている。

ピュハヨキでのハンヒキビ原子力発電所完成予想図

東芝、アレバが入札書提出 フィンランドの新設計画