フォントサイズ:

ボルセラ2建設計画を保留 オランダ

2012年2月9日

オランダでボルセラ原子力発電所(=写真)2号機の建設を計画していたデルタ社はこのほど、今後2〜3年間は同計画を保留するとの判断を下した。近年の金融危機に伴う投資環境の悪化や電力市場における設備容量の超過、およびエネルギー価格の下落等により、新たな原子炉建設は実行可能な選択肢ではなくなったとの判断によるもの。今後こうした外的条件が改善され次第、同社は建設プロジェクトを復活させると強調している。

オランダでは現在、デルタ社とエナジー・リソーシズ・ホールディング(ERH)社が共同出資するボルセラ発電所1号機(PWR、51.2万kW)が同国唯一の原子炉として稼働中。デルタ社は09年6月、同発電所2号機の2018年頃の完成を目指し、認可申請手続きに取りかかると発表したが、昨年末までを予定していた申請書提出には至っていない。

ボルセラ2建設計画を保留 オランダ