フォントサイズ:

サンオノフレで放射能漏れ検知 米SCE社

2012年2月9日

米カリフォルニア州のサザン・カリフォルニア・エジソン(SCE)社は1月31日、サンオノフレ原子力発電所3号機(PWR、112.7万kW)の高感度検知器が蒸気発生器(SG)細管から放射能が漏れている可能性を検知したため、予防的措置として同炉を停止した。

同発電所では漏れの検知直後に圧力バウンダリ外への放射能放出を防ぐ措置を講じたため、大気中に放射能は出ていないと明言。発電所従業員や地元住民にも被害が及ぶことはないとしている。また、問題の細管を含めた設備を4時間以内に分離したほか、漏れを止める措置として原子炉の冷却と減圧を実施した。

SCE社ではトラブル情報をツイッターでリアルタイムに発信している

サンオノフレで放射能漏れ検知 米SCE社