フォントサイズ:

建設中の2基が初併入 韓国 新月城1と新古里2

2012年3月1日

国際原子力機関(IAEA)の原子力発電所情報システム(PRIS)により、韓国で建設中だった新月城1号機と新古里2号機がそれぞれ、1月27日と28日付けで国内送電網に接続されていたことが判明した。両炉とも今年半ばに営業運転を開始すると見られており、同国の商業用発電炉は23基・2071.6万kWに拡大する見通しだ。

両炉とも韓国の国産標準型炉(KSNP)を最適化したOPR(PWR)設計で、出力は100万kW。新古里2号機は昨年12月27日、新月城1号機は今年1月7日に初臨界を達成していた。韓国ではすでに、蔚珍および霊光の両原子力発電所でOPRが4基ずつ稼働中のほか、昨年2月には新古里発電所でも同型の1号機が営業運転を開始している。