フォントサイズ:

6月までに出資契約締結 バルト3国首相が合意 リトアニアのビサギナス原発計画

2012年3月19日

リトアニアが閉鎖原発の隣接区域で進めているビサギナス原子力発電所建設計画について、パートナー国となるラトビア、エストニアを交えたバルト三国の首相は8日、昨年11月の三者会談以降の同プロジェクトの進展状況を歓迎するとともに、今後も一致協力してこれを成功させるとした合意文書に署名した。


同計画の最大課題である約60億ユーロと言われる資金の調達について、6月までにバルト三国それぞれの投資持分に関する交渉を完了することを確認したもので、同計画の実施主体であるリトアニアのビサギナス原子力発電会社(VAE)に加えて、ラトビアとエストニアの主要エネルギー企業による参加を支援。昨年12月に同計画からの撤退を表明したポーランドに対しても、「機会はそのまま維持されている」として再参加を促している。


また、リトアニアの欧州連合(EU)加盟と引き替えに、同国唯一のイグナリナ原子力発電所を閉鎖させた欧州委員会(EC)に対しては、引き続き財政支援を要請する内容だ。


<後略>


協力を再確認したバルト三国(右からラトビア、
リトアニア、エストニア)の首相達(©ラトビア内閣府)

6月までに出資契約締結 バルト3国首相が合意 リトアニアのビサギナス原発計画