フォントサイズ:

サンオノフレに拡大検査チーム 米規制委

2012年3月22日

米原子力規制委員会(NRC)は15日、カリフォルニア州サンオノフレ原子力発電所(SONGS)で停止中だった3号機(PWR、112.7万kW)で、蒸気発生器(SG)の耐圧試験により細管3本が損傷したとして、詳細調査のための拡大検査チーム(AIT)を派遣すると発表した。

SONGSを操業するサザン・カリフォルニア・エジソン(SCE)社は今年1月31日、3号機のSGの1つから放射能漏れを探知したことから、予防措置として同炉を停止。その際、NRCの常駐検査官も中央制御室からこの様子をモニターしている。

SCE社は同炉が安全に停止した後、原因究明のため1万9454本の細管中、約1%にあたる129本で「原位置試験」と呼ばれる圧力ストレス・テストを開始。同テストは、放射能を帯びていない水を細管中にゆっくりと低い圧力で通し始め、最大で通常運転時の3倍まで圧力を高めていくというもの。NRCが追加派遣した検査官やSGの専門家が立ち会うなか、3月14日に3本の細管が損傷したとしている。

<後略>

サンオノフレでは1号機がすでに閉鎖、2号機と3号機が稼働中

サンオノフレに拡大検査チーム 米規制委