フォントサイズ:

米エネ省・サバンナリバー研、SMR開発で3社と連携

2012年3月29日

米国のSMR開発では、エネルギー省(DOE)のサバンナリバー国立研究所(SRNL)が今月2日、独自にSMR開発を進めているハイペリオン社、SMR社、およびニュースケール社のそれぞれと、官民の技術パートナーシップを通じてサバンナリバー・サイト(SRS)でSMR技術を開発するとの合意覚書(MOA)を締結した。

DOEが1月に公表したSMR開発のための資金提供公募(FOA)案とは無関係で、基本的に民間部門の資金調達による開発となる。しかし、MOAによってこれら3社はSRSの土地やエネルギー施設、原子力関係の知見の活用が可能となり、結果的に民間部門のSMR原型炉技術の開発・試験および認可の支援につながるというもの。将来、3社が同サイトにSMRを建設する際に備え、関連情報やSRS設備のインフラ利用を提供する一助になるとしている。

<後略>