フォントサイズ:

米規制委が2件目のCOL発給サマー建設計画、本格着工へ

2012年4月5日

米原子力規制委員会(NRC)の委員5名は3月30日、サウスカロライナ州のバージル C.サマー原子力発電所2、3号機(各PWR、110万kW)建設計画への建設・運転一括認可(COL)発給を4対1で承認した。2月にボーグル3、4号機建設計画に対して初めてCOLを発給したのに続くもので、NRCはサマー建設計画の安全性と環境影響に関するNRCスタッフの審査結果を適切と判断。COLは同日、申請会社であるサウスカロライナ・エレクトリック&ガス(SCE&G)社および地元・州営電力会社のサンティ・クーパー社に発給されており、2016年と17年の両炉の完成を目標に、本格的な建設工事が開始されることになった。


<後略>


V.C.サマー2、3号機の完成予想図

米規制委が2件目のCOL発給サマー建設計画、本格着工へ