フォントサイズ:

中国 秦山2−4号機が営業運転開始

2012年4月11日

中国核工業集団公司(CNNC)は8日、同国15番目の商業炉となる秦山原子力発電所2−4号機(PWR、65万kW)が正式に営業運転を開始したと発表した。


同発電所2期工事の4基がすべて完成したことになり、CNNCでは第11次5か年計画(2005〜10年)期間中の着工が明記されていた2期工事の3、4号機建設計画が完全に終了したと宣言。同国の自主開発による標準大型PWRの建設・管理・操業でブランドが創設されるなど、原子力業界の自立促進に向け強固な基盤が築かれたと強調している。


<後略>


営業運転開始を祝う関係者達

中国 秦山2−4号機が営業運転開始