フォントサイズ:

フランス パンリー2でレベル1の事象

2012年4月11日

仏国北西部のパンリー原子力発電所(=写真)2号機(PWR、138.2万kW)で5日に軽微な火災と1次冷却水漏れがあったが、環境への影響がなかったことから、原子力安全規制当局(ASN)は同事象を暫定的に国際原子力事象評価尺度(INES)の7段階中、下から2番目のレベル1と評価している。


ASNによると、5日の昼頃、2号機の原子炉建屋で火災が発生し、同炉は自動的に停止。仏電力(EDF)のチームと地元消防団が建屋内に入り、燃えていた油の炎を消し止めたほか、EDFは火災を伴う緊急時の対応策を実行に移した。


<後略>

フランス パンリー2でレベル1の事象