フォントサイズ:

ロシア 6月に国際原子力フォーラム

2012年5月27日

第2回国際研究・実践フォーラム「総合エンジニアリング施設のライフサイクル・マネジメント、競争力のある建設技術の開発(Life Cycle Management of Complex Engineering Facilities. Development of Competitive Construction Technologies)」 が6月14日と15日に、モスクワから400km(特急列車で約3時間)のニジニノブゴロド市で開催される。

ロシア国営原子力企業ロスアトム社のほか、その傘下企業のニージニノブゴロド・エンジニアリング会社「アトムエネルゴプロエクト」、およびアトムストロイエクスポルト(ASE)社の共催によるもので、総合エンジニアリング施設のライフサイクル・マネジメントに関連するロシア国内外の機関・企業間の情報交換とビジネス促進が主な目的だ。

<後略>