フォントサイズ:

ロシアが31番目の加盟国に OECD/NEA

2012年6月4日

ロシアは2013年1月から正式に経済協力開発機構・原子力機関(OECD/NEA)の31番目の加盟国となる。


23日にパリのNEA事務局でロシアの加盟に関する交換書簡に調印されたもの。実際の調印はNEAのL.エチャバリ事務局長の立ち会いの下、OECDのA.グリア事務局長とロシアのA.デニソフ第一外務副大臣、およびロシアの総合原子力企業であるロスアトム社のN.スパスキー副総裁が行った。


<後略>