フォントサイズ:

カナダのダーリントン増設計画 WH社が軽水炉提案準備

2012年8月2日

東芝傘下のウェスチングハウス(WH)社は7月23日、カナダのオンタリオ・パワー・ジェネレーション(OPG)社がダーリントン原子力発電所サイトで進めている増設計画の入札で、2基のAP1000を提案するための詳細な建設プランや日程、および経費見積もり書を準備する方針だと発表した。最大でも90万kW級という規模のCANDU炉(加圧重水炉)のみが稼働するカナダで、初めて最新鋭の第3世代プラスの軽水炉が建設される可能性が出てきた。

<後略>

ダーリントン発電所

カナダのダーリントン増設計画 WH社が軽水炉提案準備