フォントサイズ:

米規制委が安全強化指令で 「暫定スタッフ指針」の最終版 福島の教訓から、対応策の特定等を支援

2012年9月13日

米原子力規制委員会(NRC)は8月31日、福島事故の教訓を反映して策定した国内104基の原子力発電所の安全強化対策指令に関する「暫定スタッフ指針(ISG)」の最終版を公表した。(1)設計基準を超える事象による電源喪失影響の緩和戦略(2)使用済み燃料プールの計装機器強化(3)福島と同型の格納容器保有炉のベント系統の強化――という指令に事業者が従う際、必要な具体策の特定を支援するのが目的。ISGは強制事項ではないが、事業者が指令要件を2016年末まで、あるいは二度の燃料取り替え停止完了までのどちらか早い方で満たせるよう、許容可能な取組み手法を示す内容だ。


福島事故の直後、NRCは直ちに同事故の分析特別タスクフォースを短期と長期の2本立てで設置。このうち、短期チームは同年7月、事故後最初の90日間に実施した審査報告書をNRCに提出し、「米原発では同様事象の発生確率は低い」とする一方、改善の必要な規制で12の包括的勧告事項を提示した。その後、タスクフォースはこれらを優先度の高いものから3段階に順位分けするとともに、項目の追加や修正を実施。NRC委員による承認を経て、今年3月にNRCとして初めて、勧告事項に基づいた3種類の規制要件を国内原発に発令した。これらの指令を適切に実行するためのISG案文は5月からパブコメに付されていた。


<後略>