フォントサイズ:

ロシアとの協定案 仮調印 カザフの軽水炉建設計画

2014年10月9日

ロシアの原子力総合企業ロスアトム社の1日付け発表によると、カザフスタンとロシアの両国政府はカザフにおけるロシア型PWR(VVER)の建設と運転に関する政府間協力協定案に仮調印した。建設サイトや原子炉の出力、および建設スケジュールといった具体的な項目は正式な建設契約までに特定する予定だが、カザフ初の軽水炉建設計画は実現に向けて、着々と準備作業が進んでいる。同国では出力15万kWの高速炉が1999年まで稼働していた。

協定案への仮調印はカザフのアティラウで9月30日、ロスアトム社のS.キリエンコ総裁とカザフのV.シュコリニク・エネルギー大臣が両国の地域間協力フォーラムの枠組の下で行った。

<後略>