フォントサイズ:

日本のPWRに100台納入 アレバ社の受動的水素再結合器

2012年10月24日

仏アレバ社は19日、日本で稼働するPWR用に受動的触媒式・水素再結合器(PAR)を約100台、納入することになったと発表した。福島事故の教訓から、全交流電源喪失時でも格納容器(RCV)内に蓄積した水素を触媒酸素で蒸気に変えるなど、水素爆発の回避によりRCVの健全性を保つのが目的だ。


米国では1979年のTMI事故時にRCV内で水素爆発したのを受け、米原子力規制委員会が81年に可燃性ガス制御系(FCS)の設置(または設置能力の保有)を安全要件に追加。が、福島ではすべての電源を喪失したためFCSが作動せず、原子炉建屋上部が水素爆発するに到った。


欧州でも多くの原子力発電所で同様のシステムを設置しているが、「PAR」はPWRで過酷事故が起きた際、RCV内の水素を電源なしで処理するために開発されたもの。アルミナの土台にパラジウムを固定した触媒を充填したカートリッジ構造で、この20年の間に採用されてきている。


<後略>