フォントサイズ:

中国・国務院が原子力発電計画承認 新規計画の審査・承認画の審査・承認再開

2012年11月1日

中国の内閣に相当する国務院は10月24日、温家宝首相(=写真)を議長とする常務委員会で2020年までの「原子力発電安全計画」と「中長期原子力発電開発計画」を承認した。これにより、福島事故直後から暫定的に停止していた原子力発電所の新規計画および建設前準備工事の審査・承認が再開されることになったが、さしあたり内陸部への新規立地は行わないほか、第3世代原子炉の安全基準を厳守するなど、安全性確保に最大限に留意し、秩序だったペースで進めていくとの方針を打ち出している。


<後略>

中国・国務院が原子力発電計画承認 新規計画の審査・承認画の審査・承認再開