フォントサイズ:

ロストフ3に丸屋根を設置 ロシア

2012年11月8日

ロシアの原子力発電企業であるエネルゴアトム社は10月30日、黒海北部のボルゴドンスク地方で建設中のロストフ原子力発電所3号機(=写真)(100万kWのロシア型PWR)で格納容器の丸屋根を設置したと発表した。

土木建築工事段階がクリアされたことから、作業は2014年の営業運転開始を目指して、主要機器の据え付けなどの段階に移行する。

ロストフ・サイトでは同型のPWRを四基完成させる計画となっており、すでに1号機が2001年から稼働中。2号機は10年12月に営業運転を開始したほか、4号機のコンクリート打設も同年6月に行われた。

<後略>

ロストフ3に丸屋根を設置 ロシア