フォントサイズ:

セコヤー2でSGを取り替え 米TVA

2012年11月28日

米国のテネシー峡谷開発公社(TVA)は19日、テネシー州で操業するセコヤー原子力発電所2号機(PWR、118.1万kW)での蒸気発生器(SG)取り替え作業の様子を動画でウェブ上にアップした。


同発電所で安全かつ信頼性の高いパフォーマンスを維持するため、TVAは2009年11月に4台あるSGすべてを取り替えるプロジェクトの環境影響評価書を作成。この秋から作業に取りかかっており、期間は約30週間を見込んでいる。総経費は3億6000万ドルと言われている。


<後略>


セコヤー2号機でのSG取り替え作業。右下の輸送設備に
古いSGを取り出し、貯蔵所に運び去るまでが収録されている。

セコヤー2でSGを取り替え 米TVA