フォントサイズ:

三門1で格納容器の上蓋設置 中国

2013年2月6日

国家核電技術公司(SNPTC)は1月29日、浙江省で建設中の三門原子力発電所1号機(PWR、125万kW)で格納容器の上蓋設置作業が完了したと発表した。採用設計はウェスチングハウス(WH)社AP1000で、同型設計となる計画の中では世界で最も完成に近づいた、初号機ということになる。


上蓋の直径は約40mで高さは11.5m、重さは約659トンに達している。格納容器を構成する筒型構造の4つ目のリング上に2時間ほどかけてクレーンで据え付けられた。


1号機では2009年に原子炉系統設備基盤部のコンクリート打設を実施するなど、建設作業が本格化。今後は引き続き格納容器内外の工事を完遂し、試験等を実施した後、2014年に発電を開始する予定である。


<後略>


上海の南500kmに位置する三門サイト

三門1で格納容器の上蓋設置 中国