フォントサイズ:

チュー長官が辞意を表明 米エネ省

2013年2月6日

米エネルギー省(DOE)のS.チュー長官は1日、同省職員達に宛てた書簡の中で、今期限りで長官職を辞する考えであることを明らかにした。第2次オバマ政権における後任長官が決まるまで、数週間の間はDOEに留まるとしている。


チュー長官は再生可能エネルギーを中心とするクリーン・エネルギーで雇用を創出するというオバマ大統領のエネルギー政策を推進するため、連邦政府による融資保証を含め様々な支援政策を実施。しかし、経営状態の悪化した太陽光パネル会社に5億ドルを融資保証し、回収不能金の保証責任を議会の公聴会で共和党から激しく追及されるなど、大きな問題に発展したことも辞意表明の理由の1つと見られている。


<後略>