フォントサイズ:

ニジェールでウラン生産記録 仏アレバ社

2013年2月6日

仏アレバ社はこのほど、同社がアフリカ・ニジェールで操業するウラン生産子会社であるSOMAIR社が、2012年に過去最高の3000トンのウランを生産したと発表した。11年の生産量2700トンに続き、2年連続で同国の鉱山(=写真)で最高生産記録を更新したことになる。


SOMAIR社はニジェールの政府機関であるSOPAMINとの合弁事業体でアレバ社側の権益は63.6%。ニジェール北部のアーリット地区における生産能力増強計画が功を奏したもので、09年に開始した「SOMAIR・LIXIプロジェクト」により、1トン当たり1kg以下の低品位ウラン鉱からヒープ・リーチング技術でウラン抽出が可能になったと説明している。


<後略>

ニジェールでウラン生産記録 仏アレバ社