フォントサイズ:

運転認可の更新を申請 米TVAがセコヤーの2基で

2013年2月13日

テネシー峡谷開発公社(TVA)は6日、2020年と21年に現行の運転認可が切れるセコヤー原子力発電所1、2号機(各PWR、約118万kW)について、米原子力規制委員会(NRC)に認可の20年延長を申請した。バランスの取れた電源構成で米国南東部の7州に低コストのクリーン・エネルギーを供給するという同公社の政策に沿った方針。更新が許されれば、両炉はそれぞれ、2040年と41年までの稼働が可能になる。

米国では運開時にNRCが40年間の営業運転を認可するが、104基の稼働中原子炉のうちTVAのブラウンズフェリー1〜3号機を含む73基で認可の更新を承認済み。これらに続いて更新を申請した原子炉は、セコヤーの2基も含めて15基となっている。

<後略>

テネシー州のセコヤー原発

運転認可の更新を申請 米TVAがセコヤーの2基で