フォントサイズ:

紅沿河1が送電網に初併入 中国

2013年2月21日

中国の遼寧紅沿河核電有限公司は17日、中国北東部では最初の原子炉となる紅沿河原子力発電所1号機(PWR、110万kW)が同日の午後3時頃、初めて送電網に接続されたと発表した。1月16日に初臨界達成後、調整を続けていたもの。


同炉は仏国の技術を元に開発されたCPR1000で、2015年末までには大連市から直線距離で110kmという同サイトに1期工事の4基すべてが完成予定。これらにより見込まれる年間300億kWhの電力は大連市の年間総電力需要である287億kWhを上回るのみならず、遼寧省全体の総需要の16%に相当する見通しだ。また、この発電量により、年間に約1000万トンのCO排出量を削減可能になるとしている。


<後略>