フォントサイズ:

州政府が必要性を指摘 米ユタ州の原子炉新設計画

2013年3月21日

米ユタ州でブルーキャッスル原子力発電所の建設を検討しているブルーキャッスル・ホールディング(BCH)社の7日の発表によると、地元ユタ州公益事業委員会(PSC)のR.アレン委員長は同州選出の上院議員に宛てた2月の書簡の中で、原子力も州のエネルギー統合資源計画(IRP)の選択肢として考慮しなくてはならないと明言した。


地元の規制当局が原子力を将来の必要性に備えた最適資源の1つとして認めたことから、BCH社は立地候補地における耐震分析など、事前サイト認可(ESP)申請に向けた今後の作業に弾みが付くと歓迎している。


実現すればユタ州初の原子力発電所となるブルーキャッスル・プロジェクト(BCP)では、2基合計で220万〜300万kWの原子炉を60年間操業する計画。BCH社では建設・運転一括認可(COL)の申請に先立ち、まずESPを申請する方針だ。


<後略>