フォントサイズ:

「安全上の重大性、低い」 サンオノフレのSG問題で 米規制委が検査

2013年10月3日

三菱重工(MHI)製蒸気発生器(SG)のトラブルが原因で今年6月に閉鎖されたサンオノフレ原子力発電所(SONGS)2、3号機について、米原子力規制委員会(NRC)は9月23日、「SG設計の不適切さは安全上の重大性としては低い規則違反」とする暫定的な検査結果を公表した。

2012年1月にSONGS3号機でSG細管同士の接触部から放射能漏れが検知された後、NRCは今後の対策行動として事業者のSCE社が合意した事項を盛り込んだ「確認措置レター(CAL)」を同年3月に発行。その後の数か月間に、SONGSでCAL通りの対応が取られたか確証する検査を実施していた。

<後略>