フォントサイズ:

閉鎖炉の設備をオークション 米SCE社

2014年3月12日

米国の産業競売企業であるMRIオークションズ社は2月25日、昨年6月にカリフォルニア州で閉鎖されたサンオノフレ原子力発電所(SONGS)2、3号機(各PWR、112.7万kW)に関するオークション広告をネット上に公開した(=写真)。

SONGSの余剰設備をオークションにかける方針は、同原発を所有するサザン・カリフォルニア・エジソン(SCE)社が先月20日に発表していた。同社が雇用したMRI社は3月26日から3日間、合弁企業パートナーのスターリング・マシーナリー・エクスチェンジ社とともに、両炉の放射性物質と関わりのない部分について、ネット上でオークションを実施する計画だが、これにより、どの程度の利益が見込めるかについては公表されていない。

<後略>

閉鎖炉の設備をオークション 米SCE社