フォントサイズ:

アレバ社・モックリー副社長に聞く 全社体制で生産性向上 メロックスMOX工場が優秀賞

2014年4月30日

製造業を始めとする様々なモノづくり産業ではプラントの生産性維持向上を目指した設備の管理・保全・整備・改善が共通して欠かせないが、放射性物質を扱う原子力分野のプラントでは特に、施設内のみならず、外部環境の保全や周辺住民の安全確保にまで、格別な配慮が求められる。

仏アレバ社のバックエンド部門として仏国南東部ガール県でウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料を製造しているメロックス工場はこのほど、日本プラント・メンテナンス協会JIPM)からTPM(Total Productive Maintenance)優秀賞のカテゴリーAを受賞した。

<後略>

インタビューに答えるドミニク・モックリー上席副社長

アレバ社・モックリー副社長に聞く 全社体制で生産性向上 メロックスMOX工場が優秀賞