フォントサイズ:

チャシュマ3で丸屋根設置 パキスタン

2013年3月27日

中国の国家核電技術公司(SNPTC)は19日、パキスタン東部のパンジャーブ州でチャシュマ原子力発電所3号機(C−3)の格納容器に丸屋根を設置したと発表した(=写真)。


同国で4基目の原子炉となるC―3では2011年3月に原子炉系統設備のコンクリート打設を実施。稼働中の同1、2号機と同様、中国核工業集団公司(CNNC)傘下のSNPTCが設計を担当しており、5基目となる同4号機とともに1、2号機の東側で建設中だ。出力は3、4号機ともに34万kWで、秦山?原子力発電所の設計をベースにしたCP300を採用。2016年と17年に完成する予定と見られている。


<後略>

チャシュマ3で丸屋根設置 パキスタン