フォントサイズ:

最高裁判決で運転可能に スイスのミューレベルク原発

2013年4月2日

スイスの連邦最高裁判所は3月28日、ミューレベルク原子力発電所(KKM、BWR、39万kW)(=写真)の運転期限を今年6月末までとした連邦行政裁判所(FAC)の昨年3月の判決を破棄した。同炉の安全性を認め、同国のその他の稼働中原子炉と同様、期限を切らずに運転可能との裁定を下したもの。


1972年に運開したKKMに対して、連邦政府の環境運輸エネルギー通信省(DETEC)は2009年、国の安全要件を満たしている限り無期限に運転期間を延長できるとの判断を下したが、福島事故後の11年5月、連邦政府は、国内の原子炉五基の平均稼働年数を50年と設定した上で、これらすべてを34年までに段階的に閉鎖する政策を公表。KKMは運開後50年目に当たる22年まで運転できると見られていた。


<後略>

最高裁判決で運転可能に スイスのミューレベルク原発