フォントサイズ:

日仏連合、中国と「交渉中」 トルコ・エネ相、シノップ入札で明言

2013年4月11日

トルコの半国営アナトリア通信は4日、黒海沿岸のシノップ原子力発電所建設計画を「日本と仏国の合弁事業体が受注した」とする一部の報道をエネルギー相が否定し、現在は日仏連合および中国との入札交渉が集中的に続けられており、ほどなく終了する見通しだと述べたことを伝えた。


シノップ原発は、ロシアが受注した地中海沿岸のアックユ原発に次ぐ同国2番目の原子力発電所となる予定で、2023年以降に140万kW級原子炉4基の建設が検討されている。2010年時点では日本政府と東芝に優先交渉権が与えられていたが、福島事故後は韓国、カナダ、中国が入札に加わったほか、今年1月には三菱重工業と仏アレバ社の合弁事業体であるATMEA社が出力110万kWの第3世代プラスPWR「ATMEA1」で入札参加の意思を表明していた。


<後略>