フォントサイズ:

サイト選定手続き改めて法案化 独の最終処分場計画、ゴアレーベンを白紙に

2013年4月17日

ドイツ連邦政府は9日、連邦環境相と州政府および政党の代表らを含めた協議の結果、使用済み燃料を含む高レベル放射性廃棄物の最終処分場サイト選定に関するこれまでの作業を白紙とし、連邦政府と州政府、野党などの合意ベースで改めてサイト選定を開始する手続き法案を早急に議会下院に提出し、休会前の7月初旬までに成立させると発表した。


今回の発表は3月24日に連邦環境・原子力安全省(BMU)のP.アルトマイヤー大臣が、処分場サイトの有力候補だったゴアレーベンを擁するニーダーザクセン州政府の首相および環境相との間で合意に達した内容をサイト選定作業に関する具体的な法案の骨子として示したもの。


<後略>


9日に行われた最終協議の模様

サイト選定手続き改めて法案化 独の最終処分場計画、ゴアレーベンを白紙に