フォントサイズ:

B&W社がDOEと協定 米国のSMR支援計画

2013年4月25日

米ノースカロライナ州のバブコック&ウィルコックス(B&W)社は15日、同社が開発中の小型モジュール炉(SMR)である「mPower」で政府から初年度分の支援金7900万ドルを直ちに受け取るため、米エネルギー省(DOE)と資金調達協力協定書に調印した。


これは民間企業と経費を折半して、2022年までに有望なSMR設計2件の商業化を実証支援するという政府のSMR認可技術支援プログラムに基づくもの。議会による予算配分、およびB&W社による協力協定書の遵守状況次第で、DOEは5年間に約1億5000万ドルを融通するとしているが、同協定では連邦予算から2億2600万ドルか、それ以上の提供が可能となっている。


<後略>


B&W社を視察するDOEのライオンズ原子力担当次官(=右)

B&W社がDOEと協定 米国のSMR支援計画