フォントサイズ:

首相「日本の責務」強調 UAE、トルコと相次ぎ原子力協定、受注に道 トルコ計画は日仏連合前提 安全技術など期待

2013年5月2日

安倍晋三首相はUAE、トルコとの首脳会談で相次ぎ原子力協定締結に合意し、協定が署名された。トルコの計画は三菱重工と仏アレバの日仏連合の新型軽水炉採用が前提。訪問先のトルコで3日会見した安倍首相は「福島の教訓を共有し安全性向上に貢献していくことが日本の責務」と国際的な役割を強調した。


安倍首相は4月30日〜5月3日、サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、トルコを訪問し、原子力協定締結の手続きなど、資源・エネルギー分野を中心とする経済協力を含め、各国との「包括的パートナーシップ」を強化する共同宣言を発表した。今回の中東諸国訪問は、トルコで、シノップ・サイトの新規原子力発電所建設に関し、事実上、優先交渉権を獲得するなど、今後の日本のインフラ技術売り込みを見据えた安倍政権による本格的なトップセールス外交のスタートとなった。


<後略>


トルコと協定に署名した安倍首相(左)

首相「日本の責務」強調 UAE、トルコと相次ぎ原子力協定、受注に道 トルコ計画は日仏連合前提 安全技術など期待