フォントサイズ:

シアロン増設計画の審査を保留 米デューク社

2013年5月15日

米国のデューク・エナジー社は2日、ノースカロライナ州のシアロン・ハリス原子力発電所2、3号機増設計画に関する建設・運転一括認可(COL)申請を一時保留とする方針を米原子力規制委員会(NRC)に伝えた。同地域における電力需要が伸び悩むなど、最近の経済見通しに基づいて判断したもの。


両炉のCOLは、2008年2月にプログレス・エナジー社(昨年、デューク社に合併吸収)が申請した。ウェスチングハウス社製AP1000・2基の建設サイトとして同発電所の適性に問題はないものの、信頼性と経済性に裏付けられた電力供給を行うための統合資源計画で将来予測調査を実施したところ、これら2基が今後15年間は必要でないことが判明したと説明している。


<後略>