フォントサイズ:

AP1000機器製造業者を認定 WH社と中国

2013年5月22日

東芝傘下のウェスチングハウス(WH)社は13日、中国の国家核電技術公司(SNPTC)と合弁企業を設立し、世界のAP1000市場に同設計用機器の供給業者認定サービスを提供することになったと発表した。


中国では現在、世界初のAP1000となる原子炉四基が三門と海陽両サイトで建設中。WH社からの技術移転により、同設計をベースにした中国型AP1000の標準設計「CAP1000」の初期設計も昨年中に完了しており、吸収した技術を元に世界のAP1000市場で台頭していく考えと見られている。


<後略>