フォントサイズ:

南米2国で同型研究炉を建設 INVAP社

2013年5月22日

アルゼンチンのエンジニアリング企業であるINVAP社は6日、アルゼンチンとブラジルの両国に同型の研究炉を1基ずつ建設するため、両国の原子力委員会と約1140万ドルの契約を締結したと発表した。


2008年に両国が調印した民生用原子力分野での協力宣言、および11年に調印した多目的研究炉の共同開発合意に基づくもの。主に医療用放射性同位体の生産、先進的な原子燃料や材料の照射試験、中性子ビーム研究等に利用する計画だ。


<後略>