フォントサイズ:

原子炉建て替え用地購入の動き スウェーデン

2013年6月12日

スウェーデンのバッテンフォール社は3日、既存原子炉の建て替え用を利用選択肢の1つとする土地の購入で、リングハルス原発近郊の土地所有者と交渉を開始した。


2011年にスウェーデンで既存炉10基に限り建て替えを許可する法案が発効したのを受け、同社は既存炉を代替する原子炉の建設可能性に関する情報分析申請を昨年8月に規制当局に申請。


しかし今年5月には、リングハルスとフォルスマルク両原発の既存炉7基の運転期間を最大60年まで延長することを目的とした改修計画を発表したばかりだ。


<後略>